スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

サーバー復活

2013/01から家のサーバーのCPUとマザーが逝ってしまって開店休業状態でした。 素直にCPUとマザーを買いなおして立て直そうと思ったのですが、途中で閃きました。 ヤフオクとかで中古のサーバー買えば良くね? という訳で、約4万出して買ってみました! マザー:TYAN S5396 CPU:Intel Xeon x5460 x2 メモリ:8GB HDD:SATA 250GBx2(WD2500YS) INTEL Matrix RAID:1TB HDDx2 HDS72101AB0A SAS:LSI 1068E:1TB HDDx8 HDS72101AB0A なんとHDDが10TBありますよ。これで最強のファイルサーバーを作ろうと思いました。 まず最初は最強のフォーマットzfs。これでRAID-Z2を組んでHDD入れ替えまくり&高可用性を実現しようと思ったのですが、FreeNASが思った以上に遅くてCIFSだけでも使い物になりませんでした(涙)。あとFTPもパーミッションの設定がイマイチで実現したい実装まで上手くいきませんでした。FreeBSDのコマンドを研究しなきゃならなかったり、これで運用を続けられるか疑問。 そこで次はVVaultなるもので仮想ストレージを実現しようとしたのですが、サーバーOSの利用は無理という事でWindows7での運用に。でそうなるとFTPはIISが使えないのでフリーのものを建てたりしたんですがNextFTPからの接続は無理! とかなかなか酷い目に。SSLのImplicitが使えないのはやっぱり不便。でも世の中では捨てられた仕様のようです。ポート990使うのでFTPアタックが来なくていいんですがね。 そして最後にWindows Serverに戻るのですが、LANでのファイル共有(CIFS)の速度と仮想ストレージの実現を考えた結果、2008 R2から2012に変更することに。痛い出費だが勉強という事で我慢する。 そんなわけで以前のサーバーから何の遜色もないままグレードアップしたサーバーが出来ました。 今回はファイルサーバーがメインですが、他にも裏で実行してるアプリやらありますよ。Hi10P対応PMSとか。 廊下が凄くうるさいです。仮想ストレージによるストライピングアクセスでHDDが同時に10台動きます。一階のトイレに入ってても頭上からガリガリ言っ…